練習日記

程派八卦掌「白蛇伏草」

約1か月前のことですが、「八卦掌で交通事故の後遺症が治りました」

私は医師ではないのであくまで自分の感覚ですが、子供の頃に交通事故に遭ったことが原因なのか、股関節に痛みや違和感がありました。

その股関節の違和感が治ったきっかけは、八卦掌や太極拳の自主練習を維持していたことと、GW中に春光先生(当会会長)に八卦掌の走圏の姿勢の手直しをしていただいたとき、

「基本功だけでは治らないようだから、活歩で歩いてみて!」

というご指導を受けて、八卦掌の活歩という練習法を行ったことが、回復の効果に繋がったのではないかと思います。

写真は、程派八卦掌「白蛇伏草」です。

憧れの春光先生の「白蛇伏草」に比べたら、まだまだ月とすっぽんですが、仆歩(プーブー)ができるようになって非常に嬉しいです。

本当は左手が靴越えしなければ、「白蛇伏草」の型の完成とは言えないのですが、このまま継続して練習を続ければ、きっといつか「靴越え」できるのではないかと希望が持てました。

毎年、「今年の夏までに仆歩ができるようになる!」という目標を立てては挫けて来た(確か今年で3度目)ので、これを励みに、日々練習を重ねていきたいと思います。

今日は、一段と元気に出勤しています!