ロケハンしてきました(前篇)

昭和記念公園で八卦掌

こんばんは、平日は普通のサラリーマンをやっている、代表の田中です。

今日は「文化の日」。祭日なのに土曜日なので若干切ないですが、早起きして東京の代表的な公園を巡ってロケハンしてきました。

まず、お気に入りの昭和記念公園。東京を一気に西から東に陸路で移動して浜松町、そして海路でお台場海浜公園、最後は葛西臨海公園。

太陽と雲、大気の流れと温度の変化を風で感じながら、陸路と海路を駆使して、ラストは駅から撮影地まで15分ダッシュ、ダッシュ後の撮影(汗)、めちゃくちゃ鍛錬になりましたが、これも日々コツコツ練習を続けている賜物だと感じました。

私が子供の頃は、「50歳」と聞くと初老だと思っていましたが(浅はかな子供の偏見です…)、実際自分が50歳になってみたり、仲間のアラフィフの方々と接していると、心も気持ちも30代の若さをキープできていると思います、いや超えているかも。

中国伝統武術、特に八卦掌のようないわゆる内面を磨く内家拳では、50代以降はいよいよ充実してくる年代でもあるそうです。写真は、八卦掌の普及という意味だけでなく、自分自身の成長記録にもなるので、心と身体を全開放して臨んでいます。

とにかく、とても充実した楽しいロケハンでした。

今日は一日、八卦掌を地で行くような移動と変化でした。ある意味「天人合一」な一日だったかな?

ともかくも、盛りだくさんで伝えきらないので、引き続き次回に。

それでは、また!